FC2ブログ

残雪の春、今年の米作りが始まりました!

僕らが住む石谷はまだ雪の中です。
真冬の頃に比べ晴れの日が多くなりました。青空に会える、それだけで嬉しくなってしまいます。
P4122879リサイズ

雪国の米作りは雪が融ける前から始まります。
「塩水選」はよい種もみと悪い種もみを分ける作業。決まった濃度の塩水に浮く種もみは捻実が悪かったものなので、泣く泣くすくって捨てます。沈んだ、重い種もみだけを使います。
塩水選

「温湯消毒」です。農薬の代わりに熱いお湯に浸けて種もみについている病原菌を殺します。
60度のお湯に10分浸けます。と、本にはかんたんに書いてありますが、これが難しい。
お風呂にお湯をため、ときどき温度を確認しながら熱いお湯を足したし、60度をキープしました。
温湯消毒1

温湯消毒2

温湯消毒が終わった種もみは水に浸して、芽が出る寸前まで水を吸わせてあげます。
冷たい水の中でじーっと、出番を待ちます。
浸漬

温湯消毒に使ったお湯はもったいないので、足湯をしてリラックス。
足湯
スポンサーサイト
2015-04-16 05:36 : 野良しごと : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

鴫谷幸彦

Author:鴫谷幸彦
青年海外協力隊、農業系出版社など経て、新潟県上越市吉川区の山村に移住。2年間の研修ののち2014年春に就農しました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR