FC2ブログ

今年もソバが打ちたくて

ソバを種から育てて、収穫し、粉をひき、ソバを打つ。
僕たちにとってはどれもが特別な作業を、この村の人たちは当たり前にずっと続けてきた。
これほど手のかかる作物を彼らは決して手放さない。これからも続けていくだろうと思う。
だって、おいしいのだもの。
そして、この格別の喜びをあらわすには筆に限界がある。
だから、今年もまた、ソバの種をまきました。
P8253853リサイズ
8月25日、村では一番遅い種まきになってしまいました。
でも昨年よりは早い。品種は信濃1号。早生なので実るのは早い。
RIMG1378リサイズ
ソバは雨に弱い。カラカラの乾燥畑でよく発芽するが、水が溜まるような湿田では発芽しなかったり、発芽しても消えたりする。
今年は種まき後によく雨が降ったので、寝ても覚めてもソバが心配だった。
でも、このとおり、見事に発芽が揃う。それだけで感動してしまう。
RIMG1418リサイズ
種まきから一ヵ月後のソバ畑。ソバの花の白さのまぶしさよ。
根元は赤く、葉は淡い緑で、花は純白。大好きな花だ。
PB134633リサイズ
11月中旬。ソバの収穫の日。
10aのソバを手刈りするのに、慣れない二人がかりで、ほぼ3日。腰と背中と肩がうううう。痛い。
PB134631リサイズ
ソバは稲と逆で穂を上向きに干します。二束の頭をまとめてかけます。このほうが、ソバの実が乾燥中に落ちにくいのです。
PB234665リサイズ
村で一番の長老農家、源市さんが、ソバの実を落とすための叩き棒を作って持ってきてくれました。
叩き棒は軽く曲がりがあり、ほどよい太さで、叩くほうが太くなっています。
僕たちが大豆を角材で叩いていたのを見て、作ってくれました。
我が家の家宝です。
PB294689リサイズ
この伝家の宝刀、みごとな仕事をしてくれます。
ただ、他の人に比べて遅い作業のため、ソバの乾燥具合がいまいちで、実が落ちにくい。
来年はもう少し早く落とせるようにしたいもの。
PB294691リサイズ
昨年は裏のトシ子さんと二人でソバの実を落としました。
今年はほとんど玉ちゃんがやってくれました。3日くらいかかったんじゃないかと思います。
こんな作業を面白がってやってくれる妻に感謝です。
作業場は寒いので、今日はストーブをつけました。
その上で焼き芋とお茶をかけ、これが休憩時のこびるとなりまして、元気が出ました。
この後、ソバ粉にし、ソバを打つ。
続きはまた。


スポンサーサイト
2015-11-29 21:23 : 自給バンザイ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2年目の米づくりレポート③

天候不順の2年目も、無事稲刈りを終えることができました。
遅くなりましたが、報告の続きです。
9月の中旬~10月初旬にかけ、まずモチ(コガネモチ)、その後無農薬、減農薬と稲刈りをしました。
P9294157リサイズ
稲刈りに使う機械はコンバインといいます。
刈り取りから脱穀(稲穂からモミ《米粒》をはずす)まで1台ですませてくれる優れものです。
今のコンバインはグレンタンク式が一般的で、刈ったモミはコンバインのタンクに貯められます。
うちのいただきもののコンバインは、一昔前のタイプで、袋取り。
モミ袋にモミがたまると、モミ袋を交換したり、モミがいっぱい入った重いモミ袋を運んだりしないといけません。
なので、我が家ではコンバインの操縦はたまちゃん(妻)の役割。
力だけは有り余る僕は、モミ袋を運んだり交換する役割なんです。
このコンバイン、一昔前のタイプとはいえ、エンジンもクローラ(キャタピラ)も絶好調。新型に負けない仕事をこなしてくれる頼もしい存在です。
P9274067リサイズ
無農薬無化学肥料の田んぼは、天日干しするためコンバインでは刈らず、バインダーという刈り取り&結束専用の機械を使います。バインダーが入れない、田んぼがやわらかい場所では、ひたすら手刈りします。
P9274082リサイズ
稲束は一箇所に集めます。これは子供用のソリが大活躍。
P9274073リサイズ
そして、はさがけ。はさというのは、稲を干すための干し場のこと。
この辺りでは立ち木を利用したはさが一般的でしたが、上の写真のように三脚式の移動バサを使う人もいます。
P9274109リサイズ
こちらが立ち木を利用したはさ。
8段あります。
下からたまちゃんが稲束を投げ上げ、上で僕がキャッチしはさにかける。
これがなかなかコツが要りまして、昨年は気合が入りすぎて、一番上の段からかけ始めてしまいました。
ちょっと考えればわかることなのですが、下から順々にかけていかないと稲束が邪魔してかけられなくなるんですね。
下から稲束を投げるコツは、近所のトシ子さんに教えてもらい、たまちゃんのコントロールは日に日に上達。
どんぴしゃという場所に投げ上げてくれます。
PA154376リサイズ
乾燥を終えた今年の新米は、新しいラベルの米袋に収められ、お客さんの元へと旅立ちます。
ラベルデザインは、たまちゃんの姉・肴倉由佳さん作です。
石谷の自然がいっぱい詰まったデザインを考えてくれました。
そしてラベルに使う紙は、おとなり柏崎市高柳町門出の和紙職人・小林抄吾くんが漉いてくれた紙。
家族と仲間の力を結集して、ぴかぴかの新米に仕上がりました。

来年に向けて、田んぼの耕運、代かき(この辺では水が不足しがちな田んぼで冬前に代かきをします)をしています。
お米作りは、本当に面白いです。
村の先輩たちに教えてもらいながら、来年はもう少し上手に米づくりができるかな。
今からわくわくしています。
2015-11-26 05:23 : 野良しごと : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

鴫谷幸彦

Author:鴫谷幸彦
青年海外協力隊、農業系出版社など経て、新潟県上越市吉川区の山村に移住。2年間の研修ののち2014年春に就農しました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR