FC2ブログ

4年目の米作り①

春一番の農作業はボカシづくり。すっかり恒例作業になりました。
s-P4130081.jpg
無農薬の田んぼや、野菜畑に使う肥料を、自分たちでつくっています。
米ぬか、くず大豆、くず米に水をかけて混ぜ合わせるだけで、発酵が始まります。
あとは自然任せ。有機物は発酵することで、作物に吸収されやすくなります。
肥料は買えば高価ですが、作ればタダ。しかも材料は農業の副産物ばかり。これは楽しい。発酵がうまくいくともっと楽しい。

s-P4220115.jpg
石谷集落で誰よりも仕事が早いタカヤマさんが、田んぼに肥料をまきはじめました。
雪が解けたかと思うと、一気に怒涛の野良仕事です。

s-P4220113.jpg
妻の両親と、僕の父と、すじまき(稲の播種)の手伝いに来てくれました。
使う道具は手回しの種まき器。毎年のことですが、こいつは本当にすぐれものだと思います。だって非電化だし、カラーリングかわいいし、壊れないし、楽しいし。

s-P4240120.jpg
田んぼのわきの山では、カタクリがもうこんなに。
夕陽に当たって、きれいでした。

s-P5110203.jpg
さてボカシ肥えのほうは、切り返しといって、上下を反転するように混ぜなおして積みなおすことで、均一な発酵が行われます。
s-P5210268.jpg
トラクタが田んぼに埋まってしまいました。研修先だった天明さんに来てもらって、無事救出。
s-P5250275.jpg
耕耘した田んぼに水を入れて、今度は代かき作業。
今年はどんな年になりますかね。
去年よりは上手に米作りができるよう、少しずつ新しい要素を取り入れています。

スポンサーサイト
2017-05-25 00:45 : 野良しごと : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

鴫谷幸彦

Author:鴫谷幸彦
青年海外協力隊、農業系出版社など経て、新潟県上越市吉川区の山村に移住。2年間の研修ののち2014年春に就農しました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR