FC2ブログ

平成28年度米の在庫わずか

たましぎ農園のこしひかりの在庫、わずかになりました。
無農薬米・・・おかげさまで完売しました。10月の新米までお待ちください。
超減農薬米・・・玄米は販売終了です。精米は在庫ございます。
詳しくは7月上旬にお届け予定の通信をご覧ください。
スポンサーサイト



2017-06-28 22:53 : 販売中 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4年目の米作り②

s-P5270281.jpg
今年も集落でいちばん遅い田植えです。
田植えを遅らせるのには理由があります。
ひとつには、たましぎ農園ではお米以外の収入源として、野菜の可能性を探っています。野菜の畑の準備や植え付けが毎年増えてきて、田んぼの作業が後回しになってしまっているから。
もうひとつは、苗をなるべく大きく育てて、遅くに田んぼに植えることで、農薬に頼らなくても、草や虫から逃げ切る作戦です。
今では5月の中旬に田植えするのが普通ですが、かつては6月に入ってからの田植えだったそうです。
梅雨の雨を利用し、大きな苗を植え、無農薬で育てる。昔のやり方はとても参考になります。

s-P6050312.jpg
たましぎガーデンでは、ムラサキツユクサとシャクヤクがドカンと咲きました。

s-P6050315.jpg
玉ちゃんの好物「ジャガイモ」に土寄せをする作業です。
管理機の使い方が様になってきました。

s-P6090344.jpg
6月10日田植え終盤、無農薬の田んぼの深いところで、田植え機が埋まって動かなくなりました。
このあと、重機で引っ張り上げ、助けてもらい、なんとか田植えを終了することができました。
今年は田んぼが深く、いろいろ機械が埋まります。
秋にしっかり乾かさないと、だんだん田んぼが深くなるそうです。

s-P6280370.jpg
今年、無農薬の田んぼに新しい除草器を導入しました。
竹ぼうき5本を並べたもの。これを引きずり回して、雑草が小さいうちに水に浮かせてやっつけるのです。

s-P6280368.jpg
うりゃーーーー!
うまくいくと、手で草を取る作業が軽減されます。
どうなることやら。
2017-06-20 22:59 : 野良しごと : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

鴫谷幸彦

Author:鴫谷幸彦
青年海外協力隊、農業系出版社など経て、新潟県上越市吉川区の山村に移住。2年間の研修ののち2014年春に就農しました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR