FC2ブログ

心を痛める力

辺野古沖の新基地に関する沖縄県の県民投票が行われ、反対多数という民意が示された。
投票率の高さも驚きだが、玉城知事が選挙で獲得した票数よりはるかに多い「反対票」は強烈だ。
新基地建設にテーマを絞って、これだけ明確な意思が示された。
普段政治家を決める選挙では見えにくい、本当の民意が立ち現れた。

このことを「真摯に受け止める」政府は、埋め立て工事を進める手を緩めない。
「基地負担を減らす」と従来の主張をうわごとのように繰り返す。
「新基地はいらない」という民意をくみ取ることができないのか、無視しているのか、答えがズレている。
「謙虚な言葉だけ並べておけ」という態度を「真摯」とは言わない。
お得意の道徳も、国語も、なっていない。恥ずかしいくらいなっていない。

政府の姿勢は残念だが、大切なのは沖縄県民ではない僕たちが、この投票結果をどう受け止めるかだ。
これは「政府vs沖縄」の問題ではない。
同じ国民が、地方であえぐ家族が、訴えているその声にちゃんと耳を傾け、自分のこととして考えられるかどうか。
心を痛める力が試されている。

もし僕の身近で、海が埋め立てられ、空から軍用機が落ちてくる恐怖におびえ、家族がレイプされたらどうか。
想像することをやめてはいけない。嫌な気持ちになってもやめてはいけない。
リアルに苦しむ彼らに比べれば、想像くらい。やめてはいけない。
見て見ぬふりはいじめの基本。いじめる側である。

県民投票は政策と民意の歪みを表すサイン。
未熟な民主主義では見えない本当の民意を教えてくれるサイン。
民主主義のプロセスがまちがってはいませんかというサインだ。
そのサインを国民みんなでくみ取って考える機会。
とくに地方に暮す僕たちは、明日の自分事として考えておく貴重な機会だ。
地方の歪みがもみ消されて常識となれば、次は僕達の暮らしがその常識に包み込まれてしまう。

「仕方ない」という人がいる。
そういう人を僕は許さない。
「仕方なく」国家の犠牲になることが正当なら、僕らは明日徴兵され、他国の人と殺し合うことを拒否することはできない。

僕は弱い自分の心に潜むいじめっ子を追い出したい。
自分事として想像して、この問題を考えまくって、心を痛めまくって、心に涙を流して。
強くなりたい。

スポンサーサイト



2019-02-27 01:07 : 思索ノート : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

季節の便り 2019年2月

まめ、マメ、豆

隠れた豊作
 昨年は天候不順でお米が不作とは、これまでぼやいてきた通りです。
 そんな天候不順の中でも、みごと大豊作を実らせた作目がいくつかありました。たまにはそんな明るい話を。
その一つが大豆です。
たましぎ農園では大豆は今まで10a120㎏くらいしかとれませんでした。地域の平均で170㎏くらいです。それがなんとなんと昨年は200㎏を突破。大豊作でした。
そのわけは、畝間を狭くしてたくさんタネをまくことで面積当たりの豆の本数を増やしたこと。また生長した枝葉がすぐに狭い畝間を覆ってしまうため草が生えないこと、ではないかと思われます。
「たくさんとれる」ということは農家にとってこの上ない幸せです。
 ほかにナス、トウモロコシも豊作でした。
 理由はそれぞれなんとなくわかっていますが、よかった作目も悪かった作目も天候の影響がいちばんかもしれません。

煎りじゃんじゃろ、甘じゃんじゃろ
 さて、たくさんとれた大豆はどうしたかというと、豆もちや味噌づくりセットで皆さまのところにお届けするほか、とくにたくさんとれた青大豆(地元在来種)は豆菓子に加工しました。その名も「煎りじゃんんじゃろ」「甘じゃんじゃろ」(名前の由来は妻のブログをどうぞ http://tamashigi.blog.fc2.com/blog-entry-15.html)。
 それでもたくさん残った大豆。まだ選別すら終わらぬ袋も。
ぼちぼち豆にしたら、今度はきな粉にしたり、豆腐にしたり、楽しみは続きます。

続きを読む

2019-02-25 02:39 : 季節の便り(荷物に入れる手紙) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

のら紡ぎ唄Vol.19

椿1
椿4
▽全国的にインフルエンザが猛威を振るい、暖冬なのに史上最大の寒波が襲いと、ニュースを見聞きするたびに、各地に暮す皆さまはどうなさっているか心配しております。
▽石谷は暖冬のおかげで積雪1m~1m50cmをうろうろ。晴れ間も時々あって「いい塩梅」です。薪ストーブで部屋を暖かくし、なるべく人混みを避け、村の中で暮らしていますので家族3人今のことろ風邪はひいてません。春までもう少し、油断しないように行きたいと思います。

▽この冬も味噌の仕込みをしています。
▽前代表のたっちゃんが味噌づくりを完全に引退しました。25年間変わらぬ仕事を繰り返してきた彼女の偉大さを強く感じています。6年間一緒に仕事をして、教わったことをどれだけ守れるか、その重圧も感じています。
▽とはいえこの間に自分たちでやってみたなりに、彼女の仕事が理解できるようになったという手ごたえがあります。まずはよい麹。そして豆の煮具合。全身全霊で麹と豆に向かい合ってすべては「同じ味」を出すために、味噌づくりの日々です。

▽冬は昨年の農業を振り返り、今年の作付けを考える季節でもあります。
▽あれがうまくいけば、こっちがうまくいかずと、面積が増えてくる中で、あれこれ試しながら5年が過ぎました。うまくいかなくてもすぐには諦めず「3年は作ってみる」という自分ルールで、失敗を元に修正をかけてきました。
▽お米、ナス、かぼちゃ、とうもろこし、ブロッコリー、カリフラワー、大豆、小麦、ソバ、落花生。作物にはそれぞれ役割があり、草を抑えるもの、土を肥やすもの、病気を抑えるもの加工品の原料になるもの、稼ぎの柱になるもの……。その役割を上手に組み合わせて、田んぼや畑をくるくると回すこと(輪作といいます)は、持続的で環境にもやさしい農業です。そんなスタイルが少しずつ決まってきたように思います。
▽技術的にはまだまだ未熟ですし、いつも後手後手で落ち着かない農業です。きっと一生かけて理想を探して近づけていく、でもとうとうたどり着かず終わってしまうのかもしれません。だからこそ農業は魅力的で、前を向いて働けるのだと思います。
▽今目の前にある美しい農村は、この村の先輩たちが作ってきたものです。これを引き継ぎ、営みの中で美しさを守れるようになりたい。そのためにもっともっとがんばります。

▽娘は1歳になり、毎日よく食べ、よく歩き(もうすぐ走り出しそう!)、よく泣き、よく笑い、よく寝ています。そんな彼女から学ぶことのなんと多いことか。周囲を明るくし、まっすぐに全力で日々を生きる彼女のように、お父ちゃんもお母ちゃんもならないとね!

どうぞ皆さまもよく笑って過ごせますように、雪国より祈っております。

s-img506.jpg
a>
2019-02-20 02:32 : のら紡ぎ唄(農園通信) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

オリンピックなんて

オリンピックは嫌いではない。
むしろ好きなほうだ。
でも、今度の東京オリンピックは嫌いだ。

水泳の池江選手が白血病になったというのに、水泳で(日本の)メダルが厳しいというようなニュースを目にして久しぶりに怒りを覚えた。10代の女の子が白血病だよ。どんな気持ちなのかわかるだろ、大人じゃなくても。

今更だけど、東京オリンピックはやめちまえと思う。
ふくいちの原発事故の処理なんてなにひとつ前に進んでいないのに、この国の首相は「アンダーコントロール」だと平気でうそをついた。
ウソをついても、オリンピックがほしかったから。
一時的にでも好景気がほしかったから。
オリンピックという錦の旗で開発をしたいから。
くだらない。
じつにくだらない。
やめちまえ。

「コンパクトな大会」を謳ったはずが、膨大に膨れ上がる経費。
そんな適当なウソで招致できるなら、簡単だな。
世界をだますのも、国民をだますのも、かんたんだな。

挙句の果てに、JOC会長は汚職疑惑。
金で呼んだオリンピックなんて、恥ずかしい。
やめちまえ。

選手の前に一人の人間として大切に扱えない国なんて、隣国のドーピングを批判できるはずもない。
ましてウソの上乗りで、下心も丸出しで、世界から批判されてしかるべきだ。

スポーツ界の不祥事が明らかになるこのころ。
そもそも国家の側にヤクザな体質を感じるのは僕だけじゃないはず。
だからスポーツ界も腐るんだよ。

僕もいろいろなスポーツをしてきた。
へたくそなりに一生懸命やった。
器械体操、剣道、馬術。
自分の体ひとつで技術を高めるスポーツはすがすがしい。
心から鍛えないとならない武術は自分を成長させてくれた。
普段の世話から愛しみをもって接した愛馬からは人間の身勝手を教えてもらった。

スポーツはすばらしい。
ただ今度ばかりはオリンピックなんて。

やめちまえ。

2019-02-13 02:04 : モノモウス : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

選挙には這ってでも行きます。でも政治には期待しません

若い世代の政治離れは著しい。
といわれて久しい。
僕は民主主義を守るために選挙へは絶対に行く。
民主主義を簡単に手放してしまったら、もう戻れないような気がしているから。
でも実は政治にはあまり期待していなかったりする。
「自分が変わることが、世界を変える」が僕の信条。
政治のせいにする前に、自分がアクションを起こし、自分がチェンジすることが先決だと思うから。

いっぽうで、選挙に行かない若者の気持ちも、よくわかるのです。
だって結局、政治が腐っているじゃん。
政治家ずるいじゃん。
政党を行ったり来たり。
権力もったら、癒着大好きだし。
政治資金集めばかりやってさ。
常識じゃ考えられないような差別発言や暴言、頻繁に飛び出てくるし。
とてもイヤーな古めかしさも感じるし。
全員が腐っているわけじゃないけれど、このイメージを払拭する努力を政治家全員がしないと、政治離れは当然進むばかり。
投票率が低いほど都合がいいと思う政治家もいるみたいで、それも悲しい。
そうやって自分と支持者だけを守ることが、若者の政治不信を招き、本当の意味での国力を低下させているのではないかと。

まずは政党交付金やめましょうよ。
パーティ券もアウトでしょ。
それから、1つの党だけがたくさん議席をとれないように規制してほしい。
少数議席の政党や無所属の議員にも、国民の意見を吸い上げる役目があるわけですが、形だけの熟議の後、結局数の力で強引に押し切られることが「スピード感」だとか「決められる政治」だというのは、なんだかなあ。
ねじれ上等。
決まらない国会上等。
意見の違う代表が集まっているんだから、時間かかっていいんだから、徹底的に話し合ってくださいな。
熟議の末、マニュフェストと違ってもいいじゃないか。
それが国会でしょ。それが政治家の仕事でしょ。

そして僕達は政治に期待しすぎてはいけない。
熟議の末、自分と違う答えが出ても腐ってはいけない。
多様な意見から紡ぎ出す仕事と成果をたたえなければいけない。
自分にとって「よい国」にならなくても、世界が悪くならなければそれでいい。
権力者が悪いことできなければ、それでいい。
戦争に近づかなければ、それでいい。

劇的な変化も、画期的な進歩もいらないのだ。
ただ変わらぬ暮らしができることに、僕は幸せを感じたいだけ。
だから僕は政治に期待せず、選挙に行く。
絶対に行く。

僕の提案。
一つの党がとれる議席は3分の1まで。
名付けて一党独裁禁止法。
よろしく。

(僕が選挙に行く理由は過去に書きましたので、こちらもどうぞ)
選挙に行こう
2019-02-07 01:30 : モノモウス : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

鴫谷幸彦

Author:鴫谷幸彦
青年海外協力隊、農業系出版社など経て、新潟県上越市吉川区の山村に移住。2年間の研修ののち2014年春に就農しました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR