FC2ブログ

のら紡ぎ唄Vol.20

ふきんと2img508.jpg

▽3月上旬の暖かさといったら、もう本当に冬は終わるかと思うほどでしたが、その後寒い日が続き、何度か雪も降り、足踏み状態。4月になりようやく春めいてきました。今は山陰に雪が残るくらい。例年より少し早い雪融けです。
▽雪が少ないと、心配されるのは田んぼの水です。この地では3mも積もる雪が米づくりに欠かせない水に変わります。雪融け水はすぐに川に流れるものもありますが、多くはブナの森が吸い上げ山の伏流水となり、抱負な水量を持続します。しかし雪の少ない年は水量が減ってしまいます。
▽なので水がまだある早いうちに、田植えを終えてしまいたい。村中に焦る気配が漂っています。のんびり屋のたましぎ夫婦もいつもより早い春作業を始めました。

▽種もみを水に浸け、納屋からガタゴトと道具を引っ張り出し、ネギや盆花のタネから蒔きはじめました。田んぼをぐるりと見て回り、雪の重みで崩れた土砂をどかし、山水を引き込む溝を掘り……やることは盛りだくさん。あ、すじ撒き(お米の種まき)の準備もしないと。

▽86歳で現役農家のゲンイチさんが、昨秋から考えていたというアイデアを提案してきました。我が家の前に稲束をかける「はさ」を作ろうというのです。
今まで無農薬のこしひかりは、田んぼの中に三脚を立てたり、他人様のはさを借りて干していました。家の前にはさができれば、効率的ですし、なにかと干しものには便利です。なによりこのじい様が、目をキラキラさせて「どうかね?」と提案してくるときは大概面白いもの。乗らないわけにはいきません。この時点で夕方3時30分。
▽すでに秋冬に目星をつけて伐り倒しておいたという木を集めて回ることに。太さ40㎝長さ6mの大木を6本、あちこちから運び、深さ50㎝の穴を6カ所空け、そこにドコドコと柱を立てました。夕方6時には終了。あっという間の出来事でした。その間、木の倒し方、重い木の積み方、穴の掘り方、木の立て方と、細やかな技と工夫がたくさん出てきて、とても勉強になりました。昔からこの地で生きてきた人の知恵と経験は本当に芸術的です。
▽このはさ、秋までは例えばカボチャを空中栽培したり、朝顔を咲かせたり、使い方を考えるも楽しいです。そしてなにより、秋にこのはさいっぱいに黄金色の稲束をかかることを想像すると、もう嬉しくてうれしくて!

▽今年はまた田んぼが増えました。冬の間作付けをあれこれ考えて、稲作は現状維持。野菜やソバを増やすことにしました。野菜は手がかかりますが、今回新しく借りる田んぼは水が乏しい田んぼ。畑として使うほうがいいかなーと考えました。また忙しくなります。でも夫婦力を合わせて、なんとか頑張りぬきたいと思います。

▽歩き始めた娘は毎日お外に行きたいと嘆願。お日様を浴びて、よちよち歩いたり、畑で土や草をいじったり、毎日冒険です。
▽僕達夫婦も、毎年新しいことに挑戦しながら、終らない冒険を続けています。今年はどんな発見があるでしょうか。どうか応援よろしくお願いします。
s-img515.jpg
s-img514.jpg
s-img512.jpg
s-img509.jpg

スポンサーサイト



2019-04-30 04:09 : のら紡ぎ唄(農園通信) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

鴫谷幸彦

Author:鴫谷幸彦
青年海外協力隊、農業系出版社など経て、新潟県上越市吉川区の山村に移住。2年間の研修ののち2014年春に就農しました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR