FC2ブログ

願いは一つ

選挙のたびに同じことを書いてきた気がします。
願いは一つです。
ぜひぜひ投票しにでかけてください。
どこの党にとか、誰にとか、いいません。
投票したい人が誰もいないのなら、堂々と白票を。
この国の民主主義は半人前です。
なぜなら半分の国民が投票していないからです。
僕は常々、多様な意見が集まり、議論しつくさないと答えが出ない、面倒くさい議会こそ民主主義の本来の姿だと思ってきました。ねじれ上等。

それぞれの意見を主張し合うより、意見をぶつけ合ううちに生まれる新しい考えこそ尊い。
選挙の勝ち負けで、支持者の明暗が分かれるようなことでは、それは民主主義でもなんでもなく、単なる勝者のやりたい放題。
なるべく多くの意見が国会に集まり、なるべく多くの価値観に配慮しないといけない議会。
面倒くさいけれど、それが議員の仕事でしょ。

国会議員たるもの、国民をコントロールしてはいけない。
利権やしめつけをちらつかせながらコントロールする手法は下劣極まりないな。
本来なら、国民が国会議員をコントロールするもの。
できますよ。
投票に行けば。
50%の投票に行かない人が動けば、それはそれは毎回当選のあの議員もビビります。
投票率が低ければたくさん議席取り放題だったあの党だってビビります。
議会にいろんな党が存在できるか否かは、すべて私たち次第。
存在させましょうよ。いろんな党を。

そして議員には危機感と使命感を抱いてもらいましょうよ。

有権者をなめるなよ。

投票に行こう。

興味のある方はこちらもぜひ。
投票に関する強い思いをつづった過去のブログです↓
選挙に行こう
スポンサーサイト
2019-07-20 23:08 : モノモウス : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

ホーム  prev »

プロフィール

鴫谷幸彦

Author:鴫谷幸彦
青年海外協力隊、農業系出版社など経て、新潟県上越市吉川区の山村に移住。2年間の研修ののち2014年春に就農しました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR