FC2ブログ

季節の便り 2019年8月

収穫の秋へ

太陽+育児
 目が回るように忙しく、そして暑い暑い夏が終わりました。
 気がつけば、朝日が昇る時間はずいぶん遅くなり、夜の合唱会もカエルから秋の虫へと主役が変わりました。
 仕事と家事の境目がぼんやりしている農家にとって、暮らし全体のリズムは太陽と同じです。加えて育児のリズム。太陽+育児のハイブリッドなリズムの間奏に農業が入り込むような暮らし。
 これがなかなか、不協和音で、まだまだまとまりのない我が家です。
 それでもなんとかしずつ、秋の収穫、冬じまいへと向かい転がっていく、そんな日々です。
 
お盆のイベント、運動会
 川谷地区には夏にお盆のイベントと運動会があります。
 高齢化と過疎化が進む当地には現在20軒程度。僕がここで暮らすようになってから5軒以上減りました。
 新しい移住者を呼び込もうと始めた行事や、昔からの行事は、年々参加者が減ってきました。今年はとくに少なかったように気がします。
 それでも村のみんなが顔を合わせ、肩肘張らずに楽しい時間を過ごすことは、とても意義のあることだと感じています。少ないながら、小さいながら、じょんのび(ゆったり)した気分になれることは明日からの野良仕事の活力になります。そして新しい仲間である娘。その娘にとっても「あなたが暮らしている世界」の豊かさ、人情の深さ、心のよりどころを感じてもらう貴重な機会です。
 忙しくて、忙しくて、自分のことだけを考えたくなることもありますが、どうやったって不便なこの村で暮らすためには、力を合わせて生きていく以外ないということを強く感じています。少ないながら、小さいながら、幸せを感じられる村づくりを真ん中においていきたいのです。

平成30年産米定期予約、終了です
さて今月の定期便を持ちまして、定期予約のお客様へのお届けしてきた30年産米も終了となりました。1年間本当にありがとうございました。悪天候で収量が半減した昨年。定期予約のお客様に助けられて、毎月生活することができました。妻も私も感謝の気持ちです。娘が健やかに育つことができているのも、皆さんとつながってきたおかげだと思います。
新米のご案内が遅れており申し訳ありません。月内には通信をお届けできる予定です。引き続き新しい1年もお付き合いくださいますようお願い申し上げます。                   (幸彦)
スポンサーサイト



2019-09-03 00:47 : 季節の便り(荷物に入れる手紙) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

鴫谷幸彦

Author:鴫谷幸彦
青年海外協力隊、農業系出版社など経て、新潟県上越市吉川区の山村に移住。2年間の研修ののち2014年春に就農しました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR