FC2ブログ

収獲の秋、食の劣化に思考巡らせつつ

優しい光と風。この数日、急に秋めいてきた。
朝晩は長そでを一枚羽織らないと寒いほど。あの暑さはなんだったのかと思い返すと同時に、ああ、ここは雪国の山間地だったと思い出され、急に秋じまいバージョンへと心がスイッチする。
s-P9134759.jpg
たましぎ農園の稲刈りが始まった。
6年目の米づくりは、これまた今年だけの、今年しか味わえない米づくりだ。
6月中旬に妻の妊娠が発覚。
長女のときには軽かった悪阻が、今回はひどく、妻を苦しめた。
しかも長い。長い長い苦しみの末、最近ようやく落ち着く日があり、ほっとしている。
おめでたい話なのだが、農業は大変だった。
一人目の時と違い、長女の世話というミッションが加わり、僕はなかなか農業に集中できなかった。
おはようからおやすみまで、時に背負い、時に叱り、時にケンカし、時に遊び、そして疲れて二人で眠る。
貴重な経験を通しわかったことは一つ。
母業のなんと大変で尊いことかということ。
ありがとう母ちゃん。

子守を忙しさの理由にして、農作物への管理が滞ってしまったこと。
お客様への対応がおろそかになったこと。
(とくに夏の通信を出せなかったことは本当に申し訳ありませんでした)
反省ばかり。

家族が増えるかもしれないという、掛け替えのない幸福感がなかったら、がんばることはできない。
父ちゃんは頑張らないといけない。
家族のために頑張る時だ。

稲刈りシーズンになると、この村は活気づく。
夫婦げんかも頻発する。子や孫が手伝いに顔を出す。
天気で左右される稲刈り。近年の異常気象は父ちゃん母ちゃんの機嫌に大きく影響を及ぼす。
それぞれの田んぼに向かっているようで、村全体がこの季節に全力で取り組んでいるような、そんな季節だ。

コンバインという便利な収獲機械が登場して久しい。
平野部では戦車のように巨大なコンバインが轟音を鳴らし、大量の稲穂を飲み込んでいく。
ここ山間部では、20年前の機械が活躍するのにちょうどいい。
小さくても応用のきく、小さな機械は、農家の手の延長だ。
刈りそびれた1株の稲穂を、機械の後ろから母ちゃんが手刈りする。
時に父ちゃんが機械を降りて、手刈りする。
それを機械に入れる時の丁寧な仕草。
一粒も無駄にしまいという心が生み出す農家の所作は本当に美しいなと思う。

そして最近強く感じる「食の劣化」へと、農家になりきれていない僕は連想をする。
「無限ピーマン」とやらが話題だとか。
ピーマンをおいしくいくらでも食べられる簡単レシピだ。
試してみた。
一口食べて味の濃さに驚く。
胸がむかついてしまった。
「もう作らなくていいね」と妻。

先日、コロッケをいただいた。
形状や食感から既製品でないことは容易に想像できたが、手造りであるはずのそのコロッケにも、味の濃さと胸やけを誘発するような特有の風味が含まれていた。
家庭でつくる料理にまで、知らず知らずのうちに入り込んでしまった、この特有の風味にショックを受けた。
我が家の料理はけっして華やかではない。
畑でとれた野菜ばかり。味付けは薄くてシンプル。
田んぼでとれたお米で炊き立てのご飯。
味噌は自分たちの大豆で仕込んだ川谷みそ。
お米と味噌は貯蔵できるし、野菜は家のすぐ裏からとれる。
なにか災害があって、この山村が孤立しても、たぶん半年以上生きる自信がある。
自信じゃない、安心だな。
s-P9104735.jpg
日本の食料自給率が低いということは多くの国民が知るところだ。
しかしどうして食料自給率が低いことが問題なのだろうか。
ぜひぜひ考えてほしい。
s-P9104738.jpg
自由貿易がよいことのように声高に推進される現在において、食料自給率の必要性自体が問われています。

僕の話はもう少し先にします。
s-P9124752.jpg
収穫の秋、ひとりひとりが自分で考えてほしいなと思います。
s-P6023326.jpg

あ、我が家のオンドリが鳴きました。朝ですね。
今日も農作業がんばろっと!
スポンサーサイト



2019-09-14 05:22 : 野良しごと : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

ホーム  prev »

プロフィール

鴫谷幸彦

Author:鴫谷幸彦
青年海外協力隊、農業系出版社など経て、新潟県上越市吉川区の山村に移住。2年間の研修ののち2014年春に就農しました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR