FC2ブログ

わらしべ長者現象

RIMG0810リサイズ
茨城県牛久市のお師匠さんから、生のジャンボ落花生がダンボール一箱どーんと届く。
わざわざクールでだ。
ははーん、茹でて近所に配りなさいということか。
老農ならではの、粋な援護射撃に感謝。
さっそく、大きな鍋に塩をしっかり入れて、茹でること1時間。
なかなかおいしくできたので、熱いうちに小分けにし、近所に配って歩いた。
一軒の配当はわずかずつではあるが、
「でっかいジマメ、茹でたから食べてー」と渡してまわる。
渡すとたいてい、「ちょっと待ってて」と、なにか持たされる。
村中回ると、もう軽トラの助手席は野菜や惣菜であふれてしまう。
結局「いつものお礼」が倍返し。
この「わらしべ長者現象」で、僕はかなり助かっている。
RIMG0799リサイズ
スポンサーサイト



2014-10-01 18:05 : 石谷集落のこと : コメント : 0 : トラックバック : 1 :
命をいただいて生きている «  ホーム  » 梅次郎、行方不明
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ケノーベルからリンクのご案内(2014/10/02 08:47)
牛久市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2014-10-02 : 08:47 : ケノーベル エージェント
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

鴫谷幸彦

Author:鴫谷幸彦
青年海外協力隊、農業系出版社など経て、新潟県上越市吉川区の山村に移住。2年間の研修ののち2014年春に就農しました。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR